Flutter

【Flutter/Dart】マップ型とは?概念や使い方を徹底解説!

こんにちは、アプリ開発者のテルです!

「マップ型(Map)の使い方がわからない」とお悩みではないでしょうか?

テル

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

Flutter/Dartの基礎文法一覧

マップ型とは

  1. KeyとValueを紐付けられるもの

マップ型を理解する上で、押さえておくべきポイントは上記の1点のみです。

では、詳しく解説していきます!

基本的な使い方

簡単解説

今回は「電話番号と名前を紐付けたい場合」を例に挙げます。

人の電話番号を覚えるのって難しいですよね。そういうときにマップ型は役立ちます。

マップ型を使えば、上記の例で言うと、電話番号と名前は完全にリンクした状態にすることができます。以降、名前を定義すれば電話番号を出力させることができます。

マップ型は、今回の例のようにKeyとValueを紐付けたいに用います。

では、実際の使用例を用いて解説していきます!

使用例

Map<Key型, Value型> Map名 {
  Key : Value,
  Key : Value,
};
// KeyとValueを紐づけている
Map<String, int> phoneList = {
  'Yuta': 8345798798193,
  'Yuya': 1579893839594,
  'Riho': 3579098741351,
  'Miyu': 4783981757588,
};

// Yutaの電話番号をプリントする
main() {
  print(phoneList['Yuta']);
}

//出力結果 8345798798193

簡単解説

上記は、電話番号と本人の名前を紐付けた電話帳プログラムです

マップ型を使うことにより、(Key=名前)と(Value=電話番号)を紐付けることができています。以降「Map名[Key]」で紐付けたValueを出力させることができます。

以上が、マップ型の基本的な使い方です。

まとめ

今回は【マップ型】の概念や使い方を徹底解説しました。

解説の通りマップ型は、KeyとValueを紐付けたい際に用いるものとなります。Dartの文法をしっかりと押さえて、開発の幅を広げていきましょう!

下記の記事にて、Flutterの効率的な勉強法として具体的な手順を解説しています。

よろしければご参考にどうぞ。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

エンジニア就活対策