LIFE

【徹底比較】プログラミング学習は独学とインターンどっちがいい?

こんにちは、アプリ開発者のテルです!

「プログラミングは独学とインターンどっちがいい?」とお悩みではないでしょうか。

テル

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

本記事を読むメリット
  1. 独学とインターンのそれぞれの特徴がわかる
  2. 筆者が実際に2社の長期インターンに参加済みのため信憑生がある

プログラミング学習は独学とインターンどっちがいい?

独学の特徴

  1. 学び方も学ぶ時間もとにかく自由
  2. 自走力が身につく
  3. わからないことが多すぎて挫折しやすい
  4. 実務で通用するようなスキルは身につきにくい

プログラミングを独学で学ぶ場合の特徴は上記の通りです。

では、詳しく解説していきます。

解説

独学でプログラミングを学ぶ際の特徴として真っ先に挙げられることは、勉強するにあたり自由であるというという点が挙げられます。

この点はメリットでもあり、デメリットでもあると言えるでしょう。

自分の好きな教材で好きな時間に好きなように学習できます。全て自分主導で学べるため、自走力が身につくのは間違いないです。

しかし、プログラミングの世界は奥が深く、処理やエラーの解決方法も全て1人で理解しようとするのは非常に厳しいです。

誰かに聞けば、すぐに解決するようなことに何時間も費やしてしまうということも多くあるでしょう。正直、その時間は非常に勿体無い時間だと言えます。

プログラミングを挫折する大きな要因は「悩む時間」です。この時間が長ければ長いほど挫折する可能性が高まっていきます。

このような時間がどうしても多くなってしまう独学は、強靭な忍耐力を必要とします。

インターンの特徴

  1. 現役エンジニアのもとで爆発的に成長できる
  2. 実務で通用するスキルを身につけることができる
  3. 給料が発生する
  4. 時間の自由度が減る

プログラミングをインターンで学ぶ場合の特徴は上記の通りです。

では、詳しく解説していきます。

解説

インターンでプログラミングを学ぶ場合の特徴として真っ先に挙げられることは、現役エンジニアのもとで学べるという点です。

今は最前線で活躍している現役エンジニアも、元々は駆け出しエンジニアです。学び方を知っている彼ら彼女らから教わることは大幅な学習時間の短縮になるはずです。

私の経験談ですが、独学時に解決するのに1時間かかっていたエラーも、隣にいるエンジニアに聞けば1分で解決するなんてことがザラにありました。

インターンに参加する唯一のデメリットは時間の自由度が減ることです。人によっては、大学で部活やサークル、ゼミなどがあると思います。時間は有限です。

週2〜4日ほど要する長期インターンに参加する際はタイムマネジメントをしっかりとするようにしましょう。

とはいえ、自分の将来への投資となるインターンに参加することはあなたにとって有意義な時間になるでしょう。ぜひ挑戦してみてください。

まとめ

今回は「プログラミング学習における独学とインターンの特徴を徹底比較しました。

独学にもインターンにもそれぞれメリットがありますが、両者を経験した私の意見としては、インターンに参加することをおすすめします。

やはり、現役エンジニアに直接プログラミングを教わることができるという体験は非常に貴重です。 私が経験したように間違いなく成長できると思います。

インターン探しにおすすめのアプリは下記の記事でご紹介しています。

よろしければ、ご参考にどうぞ。

本記事が参考になっていれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

Flutter関連の書籍を出版しました!