TOOL

「Swift Playgrounds」の概要や使い方を徹底解説

こんにちは、アプリ開発者のテルです!

「Swift Playgroundsの概要や使い方がわからない」とお悩みではないでしょうか?

テル

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

本記事を読むメリット
  1. Swift Playgroundsの概要や使い方がわかるようになる
  2. 画像を用いた解説で初心者でも理解しやすい

「Swift Playgrounds」の概要や使い方を徹底解説

Swift Playgroundsとは

▼詳細はこちら

Swift Playgroundsの公式ページを見る

Swift Playgroundsは、Apple社が2014年にリリースしたiPad・mac対応のSwift学習アプリ(無料)です。

「プログラミングを学ぶ」というと、プログラミング未経験の初心者は身構えてしまうかもしれません。

Swift Playgroundsはプログラミングを知らない子どもたちに教えるなど教育現場でも利用されており、プログラミング未経験でもゲーム感覚で学ぶことができます。

2021年の6月には大型アップデートを行われ更なる進化を遂げ、さらに学習しやすいアプリとなりました。

こちらはApple社が開催する開発者向けのイベントWWDC2021で「Swift Playgroundsとは何か」について解説しています。動画は字幕付きで視聴することができます。

47分6秒からがSwift Playgroundsのパートです。

Swift Playgroundsの学習イメージ

ちらが実際のアプリのプレイ画面です。コードの説明が丁寧に行われていてとてもわかりやすいです。プレイ中にわからなくなった時にはヒントを見ることもできます。

また、セクションごとに抑えておきたいSwiftの文法を次のように解説してくれます。

小学生高学年や中学生でも理解できるように、身の回りのものや事柄を例にとてもわかりやすくSwiftの文法を解説してくれます。

Swift Playgroundsでの学習方法

このようにSwift Playgroundsにはさまざまなコースが用意されています。

はじめてプログラミングに触れる方は上記の2つを学習しましょう。

途中でわからなくなった場合

ゲーム感覚で学べるとはいえ、Swiftというプログラミング言語を学ぶわけなので途中でわからなくなることがあると思います。

そういった状況に陥った際に大活躍するサイトをご紹介しておきます。

こちらは、ステージの解答例だけでなくコードの解説もしてくれるSwift Playgrounds利用者向けのサイトです。学習する際に必ず役に立ちます!

まとめ

今回はSwift Playgroundsの概要や使い方」を徹底解説しました。

Swift Playgroundsを利用することで、誰でも楽しくプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

かなり本格的に学べるので、プログラミング学習には非常におすすめです。

Swift Playgroundsでプログラミングとは何かを学んだら、Udemyなどの学習サービスを用いて実際にアプリを作ってみることをおすすめします。

もっと楽しいですよ〜〜!!

下記の記事にて、Swift学習におすすめのUdemy講座をご紹介しています。

よろしければご参考にどうぞ。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

Flutter関連の書籍を出版しました!