TOOL

【寿司打】プログラミング初心者が1週間でタッチタイピングを習得した方法

こんにちは、アプリ開発者のテルです!

本記事では、最強のタイピング練習アプリ「寿司打」でタッチタイピングを1週間で習得した方法をご紹介します。

私自身、プログラミング学習を始めたての時はタイピングがボロボロでしたが、寿司打を活用した練習のおかげで1週間でタッチタイピングを習得することが出来ました。

私が寿司打をどのように活用してタッチタイピングを習得したのかをまとめます。

テル

ぜひ参考にしてみてください!

本記事を読むメリット
  1. タッチタイピングを1週間で習得した手順がわかる
  2. 筆者が実際に試した方法なので信頼性がある

寿司打について

寿司打とは

『寿司打』はローマ字入力用のタイピング練習ゲームです。


回転寿司のお皿が流れてしまう前に画面の文字をタイプして、どれだけモトを取れるか(= たくさん食べられるか)を競います。

無料&ブラウザで遊べますので、ちょっとした空き時間にもタイピングの練習ができます。複数の入力に対応しており、表示されているキー以外にもお好みの打ち方でタイピングができます。

寿司打の使い方は以下の通りです。

ルール

時間制限

連打メーター

その他

プログラミング初心者が1週間でタッチタイピングを習得した方法

結論:難易度【練習】だけを完璧にする

寿司打には5つの難易度が用意されていますが、私は難易度【練習】の全てのコースを順々にクリアしていくことで、タッチタイピングを習得することができました。

「お手軽→お勧め→高級」をクリアするだけです。

「こんなんで本当にタッチタイピングができるようになるの?」「他の難易度もやった方がいいんじゃない?」と感じた人もいるかもしれません。

もしそのように感じたのならば、1度試しにやってみてください。

初心者は【練習】でも十分難しいです。

タッチタイピングは画面だけを見ながらタイピングをするので、普段パソコンを触らない人からしたら至難の業だと感じると思います。

タイピングで重要なことは、速さよりも正確さです。どんなにタイピングが早くても1文字間違っていたら文章を消してまた1からやり直しになってしまうからです。

この【練習】をクリアできたら、あなたはもうタッチタイピングマスターになっていると私は断言できます。この方法を3、4人の友達に勧めたのですが全員1〜2週間タッチタイピングを習得することが出来ました。

1コースずつクリアして、あなたもタッチタイピングを習得しちゃいましょう!

ホームポジションを意識して取り組むようにしましょう。最短距離でキーを打ち込むことができます。

まとめ

今回は最強のタイピング練習アプリ「寿司打」でタッチタイピングを1週間で習得した方法をご紹介しました。

パソコンを使った仕事をしたい人やパソコンを触る機会が多い人にとってタッチタイピングは必須のスキルです。

タッチタイピングを習得できれば、作業の効率が格段に上がります。良ければ本記事を参考にタイピングの練習をしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

Flutter関連の書籍を出版しました!