Swift

【Swift入門】変数とは?概念や使い方を徹底解説!

こんにちは、テルプロです!

「変数(var)の使い方がわからない」とお悩みではないでしょうか?

テルプロ

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

Swiftの基礎文法一覧
  1. データ型(type)
  2. 変数(var)
  3. 定数(let)
  4. 配列(array)
  5. 関数(function)
  6. 引数(input)
  7. 戻り値(output)
  8. if文(2〜3つの条件式)
  9. switch文(4つ以上の条件式)
  10. クラス(class)

変数とは

  1. 値を一時的に格納できる箱のこと
  2. 格納した値を後から上書きできる

変数を理解する上で押さえておくべきポイントは上記の2点です。

では、詳しく解説していきます!

基本的な使い方

値を一時的に格納できる

変数は、箱に名前(変数名)をつけ、その中に値を格納することができます。後で値が必要になったときに変数名を示すことで、格納した値を取得することができます。

変数名と格納した値は相関関係にあるため、変数名をを見た際にその変数の中に何が格納されているか、後で見返した時にわかるような名前をつけるようにしましょう。

後で呼び出す際に楽になります。

格納した値を後から上書きできる

変数という名の通り、後から格納した値を入れ替えることが可能です。

変数の他に定数というものがありますが、定数はこの点で値を入れ替えることができないという特徴があります。

そのため、後から変更する必要のある値を入れるようにしましょう。

では、実際の使用例を用いて解説していきます!

使用例

// nameという箱に"Teru"という値を格納している
var name = "Teru"

// nameの値を上書きしている
name = "Yuta"

// nameを表示させる
print(name)

//出力結果 Yuta

簡単解説

「name = “Yuta”」は値を上書きしているコードのなので、このコードを書かずにプリントした場合の出力結果は「Teru」になります。

以上が、変数の基本的な使い方です。

まとめ

今回は【変数】の概念や使い方を徹底解説しました。

解説の通り変数は、値を箱に格納したい際に用いるものとなります。Swiftの文法をしっかりと押さえて、開発の幅を広げていきましょう。

▼以下では、私の実体験に基づいて「Swiftの効率的な勉強法」の具体的な手順を詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

参考文献
ABOUT ME
テルプロ
東京都在住のアプリエンジニア。大学では、ソフトウェア開発の研究に取り組む。長期のエンジニアインターンシップを経て、実務スキルを磨き、現在はフリーランスエンジニアとしても活動中。メインはモバイルアプリ開発。IT関連の記事監修も行い、技術の共有と普及に励んでいます。 監修実績(レバテックフリーランス
\ 登録しておいて損なし!IT就活支援サービス /
1位:レバテックルーキー
レバテックルーキー」とは、新卒でITエンジニアを目指す学生の支援に特化した就職エージェントです。業界支持率NO.1の実績を誇っており、エージェント選びに悩む学生におすすめです。エンジニア業界を熟知したアドバイザーが担当します。面接対策だけでなく、学生の志向性やスキル、入社後のキャリアパスを考慮したアドバイスをしてくれる就職活動の強い味方となります。
おすすめ度
URLレバテックルーキーはこちら

 

2位:OfferBox
OfferBox」とは、企業が興味を持った学生にオファーする、新しい就活サイトです。学生は自分のプロフィールを登録しておくだけで、企業からオファーをもらえます。学生利用率No.1で就活生の3人に1人が利用しており、IT業界を志望する学生にもおすすめです。いわゆる一斉配信ができないため、企業はしっかりと学生のプロフィールを見て、オファーを送ってくるので安心です。
おすすめ度
URLオファー型就活アプリOfferBox

 

3位:GeekSalon
GeekSalon」とは、全国展開の大学生限定プログラミングスクールです。Web開発やアプリ開発など多様なコースを提供しています。お値段は他スクールの3分の1程度の料金で、大学生でも通いやすい値段設定です。専属メンターが全面的にサポートしてくれるため、未経験でも安心です。また、切磋琢磨できる同世代の仲間に出会えます。スクールを検討している大学生におすすめです。
おすすめ度
URL大学生限定コミュニティ「GeekSalon」