Swift

【SwiftUI】paddingの使い方 (Viewに余白を設定する)

こんにちは、アプリ開発者のテルです!

「paddingの使い方がわからない」とお悩みではないでしょうか?

テル

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

本記事を読むメリット
  1. SwiftUIにおけるpaddingの使い方がわかる
  2. わかりやすい解説で初心者でも理解できる

基本的な使い方

.padding()

デフォルトでは自動的にすべての辺に余白が追加されます。

実際の使用例

struct ContentView: View {
    var body: some View {
       Text("TERUPRO")
         .padding()
    }
}

余白を任意の形で調整する

 .padding(Edge.Set, CGFloat)

paddingは余白の位置と大きさを自由に調整することができます。

余白の位置の指定は下記をご参照ください。

余白の位置意味
.allすべての辺
.top上辺
.bottom下辺
.leading左辺
.trailing右辺
.horizontal左右辺
.vertical上下辺

実際の使用例

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Text("Hello, world!")
            .padding(.top, 50)
    }
}

まとめ

今回はSwiftUIにおけるpaddingの使い方をご紹介しました。

paddingを使うと上下左右の間隔を広げることができ、画面の縁や他のテキストなどとの余白の調整をすることができます。

paddingの使い方をマスターして、見やすいレイアウトを作れるようになりましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

エンジニア就活対策