WORK

【2024年最新】Flutterが学べるプログラミングスクール2選

こんにちは、テルプロです!

「Flutterが学べるプログラミングスクールは?」とお悩みではないでしょうか。

テルプロ

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

本記事を読むことで
  1. Flutterが学べるプログラミングスクールが見つかる
  2. どのプログラミングスクールを受講するかの判断材料になる

プログラミングスクールを選ぶ際のポイント

  1. 目的に合う言語を学べるか
  2. 講師やカリキュラムの質は良いか
  3. 自分のライフスタイルに合わせて学習できるか

プログラミングスクールを選ぶ際のポイントは上記の3点です。

本記事では、こちらのポイントを満たすプログラミングスクール2社を厳選してご紹介します。どちらも「Flutterエンジニア」を目指す方に強くおすすめできるスクールです。

  1. 侍エンジニア
  2. CODEGYM Monthly

それでは早速、ご紹介していきます!

Flutterが学べるプログラミングスクール2選

侍エンジニア

▼詳細はこちらから

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)|超実践型プログラミングスクール

1つ目のおすすめのプログラミングスクールは「侍エンジニア」です。

侍エンジニアは「受講生満足度No.1」の実績を誇る大手プログラミングスクールで、1人1人の目的に合わせたオーダーメイドカリキュラムを提供しています。

プログラミングやWebデザインのスキルを学びながら、現役エンジニアから最前線のノウハウを吸収できるのが魅力です。

他の大手プログラミングスクール(TechAcademyやTechCamp)では、Flutterを学べるコースがない中、侍エンジニアはFlutterを学べる数少ないスクールです。

こんな方におすすめ
  1. 実績のあるスクールで確実にスキルを身につけたい方
  2. Flutterを習得してアプリ開発で起業したい
  3. Flutterエンジニアになって高年収や高待遇を獲得したい方

では、侍エンジニアの特徴を“3つ”ご紹介していきます!

①1人1人に合わせた「オーダーメイドカリキュラム」

1つ目は、1人1人に合わせた「オーダーメイドカリキュラム」です。

「オーダーメイドカリキュラム」の特徴は以下の通りです。

  1. あなたのレベルに合わせた完全オリジナル
  2. 経験豊富なエンジニアが必要なものだけを厳選
  3. 豊富な言語と幅広い要望にも対応

このような「オーダーメイド制度」を導入しているからこそ、業界ではニッチなFlutterを学ぶことができるということですね。

オーダーメイドカリキュラムでは、プログラミングの学習から就職に役立つポートフォリオの開発まで一貫して行うことができます。

ポートフォリオ開発では、あなたの作りたいテーマ・学びたい言語・技術を用いて、エンジニアの業務を理解し、実践するスキルを身につけることができます。

結果として、優良企業への転職や案件獲得できるだけの力が身に付きます。

②専属の「現役エンジニア講師」によるマンツーマン指導

2つ目は、専属の「現役エンジニア講師」によるマンツーマン指導です。

専属マンツーマンだと同じ講師なので、生徒の状況に合わせた指導が可能になります。これにより、回数を重ねるごとにやり取りがスムーズになり、学習に集中できます。

「現役エンジニア講師」は以下のサポートを行います。

  1. 時間制限なし
  2. Q&A掲示板が使える
  3. 専属講師に直接質問・相談できる

このようなサポートがあるからこそ、高い満足度を得られているんですね。

担当する講師の87%以上が実務経験3年以上のエンジニアなので、講師のレベルが高いと評判です。他のスクールは学生やスクール卒業生が多いのでこの点は信頼できます。

③専属の「学習コーチ」が入学から卒業までを徹底サポート

3つ目は、専属の「学習コーチ」が入学から卒業までを徹底サポートです。

「学習コーチ」は以下のサポートを行います。

  1. 心(将来のことや今のことに不安を感じてしまう)
  2. 時間(忙しくて学習時間が確保できない)
  3. 習慣(サボってしまい学習に集中できない)

プログラミング学習を継続していく上で問題となりやすい「心」「時間」「習慣」という3つの問題をプロの講師が徹底サポートしてくれます。

このようなサポートのおかげで、プログラミングの挫折率は90%と言われている中、侍エンジニアの学習の途中離脱率は2019年の調査で驚異の2.1%を記録しています。

※ゼネラルリサーチ / 調査期間:2019年12月13日〜16日 / 調査方法:インターネット調査 / 調査概要:プログラミングスクール10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 / 調査対象:全国の20代〜50代の男女1021名(プログラミングスクールに通っている方または通っていた方)

対象プラン

侍エンジニアは、1人1人の目的に合わせ7つのコースを用意しています。

この中で、Flutterが学べるのは「エキスパートコース」になります。2023年4月時点だと、12週間プランで594,000円(税込)です。

まずは無料カウンセリングに参加しよう

決して安い金額ではないですし「自分に合うかどうか分からない…」という方もいると思います。まずは無料カウンセリングに参加して受講するかを検討してみてください。

実際に入会しなくても、プロのコンサルタントに自分のキャリアについて相談することができるので、ぜひとも参加してみることをお勧めします。

▼無料カウンセリングの詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)|超実践型プログラミングスクール

CODEGYM Monthly

▼詳細はこちらから

CODEGYM Monthly|プログラミング学習支援サービス

2つ目のおすすめのプログラミングスクールは「CODEGYM Monthly」です。

CODEGYM Monthlyは「料金満足度No.1」の実績を誇るプログラミングスクールです。

あなたの目的に合わせてオーダーメイドのカリキュラムを提案し、定期的なコーチングで挫折のないプログラミング学習をサポートしてくれます。

無駄のない試行錯誤ができるようにコーチングを取り入れているため、長期的に成長できる「自走力」を身につけることができます。

従来のスクールとしては破格の月額24,970円から始められるため、「スクールは学費が高い…」という悩みを抱える人におすすめといえます。

こんな方におすすめ
  1. 出来るだけ費用を抑えてFlutterを学びたい方
  2. Flutterを習得してアプリ開発で起業したい
  3. Flutterエンジニアになって高年収や高待遇を獲得したい方

では、CODEGYM Monthlyの特徴を“3つ”ご紹介していきます!

①1人1人に合わせた「オーダーメイドカリキュラム」

1つ目は、1人1人に合わせた「オーダーメイドカリキュラム」です。

これにより、あなたの要望に合わせて最短距離で学習を進めることができます。

このような「オーダーメイド制度」を導入しているからこそ、業界ではニッチなFlutterを学ぶことができるということですね。

プログラミングを学ぶといっても「環境・習慣・目標・状況」は人それぞれです。集団最適されたカリキュラムや独自教材に盲目的に取り組む学習は無駄が多く、非効率的になってしまいます。

CODEGYM Monthlyは、現役エンジニアのコーチがあなたの目標に合わせて効率よく学習できる「あなただけの学習ロードマップ」を提案してくれます。

結果として、優良企業への転職や案件獲得できるだけの力が身に付きます。

②専属の「現役エンジニア講師」によるマンツーマン指導

2つ目は、専属の「現役エンジニア講師」によるマンツーマン指導です。

現役エンジニアが、あなたの専属コーチになり「何を/いつ/どのように学習すればよいか」といった目標達成に必要なプロセスについて具体的なサポートをしてくれます。

「現役エンジニア講師」は以下のサポートを行います。

  1. 定期的なオンラインコーチング
  2. 学習に詰まった時に質問できるチャットサポート

担当するコーチの現場経験年数の平均は10年を超えています。有名企業のエンジニアやビジネス経験もあるコーチが多数在籍しているので信頼できます。

③業界トップクラスの「通いやすさ」と「学習内容の柔軟性」

3つ目は、業界トップクラスの「通いやすさ」と「学習内容の柔軟性」です。

入会金と受講料合わせても、44,970円から始められるため「スクールは費用が高い…」という悩みを抱える人におすすめといえます。

一括またはローンで数十万という大金を支払う必要はありません。

プログラミングが自分に向いているか不安、いきなり大きな金額を投じるのは難しいという方でも、安心して使い始められるように金銭的ハードルが抑えられています。

また、Flutterだけでなく、今需要のある最新のスキルを学ぶことができます。

学べる言語は以下の通りです

対象プラン

CODEGYM Monthlyは、1人1人の目的に合わせた3つのコースを用意しています。

どのコースを選んでも、Flutterを学ぶことができます。自身の目的に合った最善のプランを選ぶようにしましょう。

まずは無料相談に参加しよう

とはいえ「自分にどのコースが合うのかがわからない…」という方もいると思います。まずは無料相談に参加して、実際に受講するかを検討してみてください。

実際に入会しなくても、プロのコンサルタントに自分のキャリアについて相談することができるので、ぜひとも参加してみることをお勧めします。

▼無料カウンセリングの詳細はこちら

CODEGYM Monthly|プログラミング学習支援サービス

まとめ

今回では「Flutterが学べるプログラミングスクール2選」をご紹介しました。

自分に合ったプログラミングスクールは見つかりましたでしょうか。良いプログラミングスクールと巡り会えるかが、今後のエンジニアとしてのキャリアに繋がってきます。

実績のあるスクールでも、良い評判があれば悪い評判もあります。そのため、まずは無料相談に参加し、自分に合うかどうかを確かめることをおすすめします。

本記事を参考に、自分に合ったプログラミングスクールを検討してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

ABOUT ME
テルプロ
東京都在住のアプリエンジニア。大学では、ソフトウェア開発の研究に取り組む。長期のエンジニアインターンシップを経て、実務スキルを磨き、現在はフリーランスエンジニアとしても活動中。メインはモバイルアプリ開発。IT関連の記事監修も行い、技術の共有と普及に励んでいます。 監修実績(レバテックフリーランス
\ 登録しておいて損なし!IT就活支援サービス /
1位:レバテックルーキー
レバテックルーキー」とは、新卒でITエンジニアを目指す学生の支援に特化した就職エージェントです。業界支持率NO.1の実績を誇っており、エージェント選びに悩む学生におすすめです。エンジニア業界を熟知したアドバイザーが担当します。面接対策だけでなく、学生の志向性やスキル、入社後のキャリアパスを考慮したアドバイスをしてくれる就職活動の強い味方となります。
おすすめ度
URLレバテックルーキーはこちら

 

2位:OfferBox
OfferBox」とは、企業が興味を持った学生にオファーする、新しい就活サイトです。学生は自分のプロフィールを登録しておくだけで、企業からオファーをもらえます。学生利用率No.1で就活生の3人に1人が利用しており、IT業界を志望する学生にもおすすめです。いわゆる一斉配信ができないため、企業はしっかりと学生のプロフィールを見て、オファーを送ってくるので安心です。
おすすめ度
URLオファー型就活アプリOfferBox

 

3位:GeekSalon
GeekSalon」とは、全国展開の大学生限定プログラミングスクールです。Web開発やアプリ開発など多様なコースを提供しています。お値段は他スクールの3分の1程度の料金で、大学生でも通いやすい値段設定です。専属メンターが全面的にサポートしてくれるため、未経験でも安心です。また、切磋琢磨できる同世代の仲間に出会えます。スクールを検討している大学生におすすめです。
おすすめ度
URL大学生限定コミュニティ「GeekSalon」