Swift

【初心者向け】Swiftがプログラミング初心者にオススメな3つの理由

こんにちは、アプリ開発者のテルです!

「Swiftってプログラミング初心者に向いているのかな?」とお悩みではないでしょうか?

テル

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

本記事を読むメリット
  1. 「Swift」がなぜ初心者にオススメなのか分かる
  2. 学習を始めるかの判断材料になる

Swiftがプログラミング初心者にオススメな3つの理由

  1. Swiftは読みやすくて書きやすい
  2. iOSアプリはWebアプリより直感的に作れる
  3. iOSエンジニアが足りていない

Swiftがプログラミング初心者にオススメな理由は上記の3つです。

では、それぞれ詳しく解説していきます!

Swiftは読みやすくて書きやすい

Swiftはコードが読みやすく書きやすいプログラミング言語です。

Swiftのコンセプト自体が書きやすく高機能な言語にしようというものでした。

例えば、プログラムの最後に「;」がいらなかったり、改行を自動で識別してくれたり、間違いをリアルタイムで教えてくれたりします。

間違いをリアルタイムで教えてくれるというのは、数式を解いているときに計算式や値が間違っていたらすぐ指摘してくれるというイメージです。

その他の多くの言語だと、エラーの原因を調べるのに何時間も要してしまうことが多くありますが、Swifならそのような状況をかなり減らすことができます。

プログラミング初心者が挫折する原因である「エラーとの戦い」のリスクを最小限に減らしてくれるのはかなり大きいです。

そういった意味でSwftはプログラミング初心者にオススメな言語となっています。

iOSアプリはWebアプリより直感的に作れる

WebアプリケーションはWebサーバーにアプリケーションを作ります。そのため、Webアプリを作るためにはサーバーを立てなければいけません。

これがなかなかの一苦労です。

スマホのアプリを作る時は、スマホに直接アプリをダウンロードします。

この作業が直感的でわかりやすいということです。

自分が作ったアプリが直接自分の持っているスマホに入るという流れがとにかくわかりやすいです。

iOSエンジニアが足りていない

Webエンジニアも足りていないですが、iOSエンジニアはもっと足りていません。

Webアプリを作っている人でもそこそこのiOSアプリは作れます。しかし、本当に高機能でサクサク動くiOSアプリを作れるエンジニアが少ないです。

もしいたとしても、良いところに就職していたりと引っ張りだこの状態です。

周りのエンジニア仲間からも出来るiOSエンジニアは周りに全然いないと聞きます。私自身もそれをすごく感じます。

このような現状を踏まえて、iOSエンジニアの需要は間違いなく高いと言えるでしょう。

まとめ

今回は「Swiftがプログラミング初心者にオススメな3つの理由」を解説しました

iOSアプリとAndroidアプリのどっちを作ろうか悩んでいる人は、自分が持っているスマートフォンで判断すれば良いと思います。

Switは2014年に公開されたばかりの新しい言語ですが、FacebookやUberなどの大企業も積極的に取り入れている言語です。

今回の記事を見て、Ruby on RailsやPythonなどを学ぼうかなと思っている人も、Swiftを選択肢の一つとして入れてくれたら嬉しいです。

下記の記事にて、iOSエンジニアになるためのロードマップをご紹介しています。

よろしければご参考にどうぞ。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

エンジニア就活対策