kotlin

【Kotlin】リストとは?概念や使い方を徹底解説!

こんにちは、テルプロです!

「リスト(List)の使い方がわからない」とお悩みではないでしょうか?

テルプロ

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

リストとは

  1. 複数の値を格納できる箱のこと
  2. 値にはそれぞれ番号がついている場合
  3. 値を書き換えれるリストと書き換えれないリストがある

リストを理解する上で押さえておくべきポイントは上記の3点です。

では、詳しく解説していきます!

基本的な使い方

簡単解説

リストは、箱の中に複数の値を格納することができるものです。

変数は一つの値のみを格納できますが、リストは複数の値を格納することが可能です。

値にはそれぞれ番号がついている

簡単解説

リストに格納された値には、最初の値から順に0, 1, 2, 3…という番号が割り当てられています。ここで注意しなければいけないことがあります。私たちの日常生活では、1から数えることが多いですがリストは0から始まります。

格納した値を取り出す際は「箱の名前[番号]」で取り出すことができます。

例えば、Teruを取り出したい場合は、「myList[0];」というコードを書くことで取り出すことができます。

では、実際の使用例を用いて解説していきます!

使用例

// 変更できないlistの例
fun main() {
    val myList: List<String> = listOf(
        "Teru",
        "Yuta",
        "Yumi",
        "Misako"
    )
    // 0番目の値をプリントする
  // 出力結果 Teru
    println(myList[0])
}




// 変更できるlistの例
fun main() {
    val myList: MutableList<String> = mutableListOf(
        "Teru",
        "Yuta",
        "Yumi",
        "Misako"
    )
    // 0番目の値をプリントする
    // 出力結果 Teru
    println(myList[0])
    
    // 要素を変更する
    myList[0] = "Kouki"
    // 出力結果 Kouki
    println(myList[0]) }

簡単解説

上記では、myListという名前のリストに4つの値を格納しています。

myList[0]とすることで、0番目の値である「Teru」を呼び出しています。
myList[(順番)]にすることで、その番号の値を取得することができます。

Listではなく、MutableListを使用すると値を入れても書き換えることができます。
値を書き換える必要がある場合はこちらを使用するようにしましょう。

以上が、リストの基本的な使い方です。

まとめ

今回は【リスト】の概念や使い方を徹底解説しました。

解説の通りリストは、複数の値を格納したい際に用いるものとなります。Kotlinの文法をしっかりと押さえて、開発の幅を広げていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

参考文献
ABOUT ME
テルプロ
東京都在住のアプリエンジニア。大学では、ソフトウェア開発の研究に取り組む。長期のエンジニアインターンシップを経て、実務スキルを磨き、現在はフリーランスエンジニアとしても活動中。メインはモバイルアプリ開発。IT関連の記事監修も行い、技術の共有と普及に励んでいます。 監修実績(レバテックフリーランス
Flutter関連の書籍を出版しました!