TOOL

Xcodeとは?Apple製品のアプリ開発ツールを徹底解説

こんにちは、アプリ開発者のテルです!

「Apple製品のアプリ開発に使うXcodeっどんなツール?」とお悩みではないでしょうか。

テル

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

本記事を読むメリット
  1. Xcodeとは何かを理解できる
  2. 画像を使った解説ですぐに理解できる解説ですぐに理解できる

Xcodeとは

XcodeはApple社が提供しているソフトウェアのことで、iPhoneやMac、Apple Watchなどのアプリケーション開発ができる総合開発環境(IDE)のことです。

IDEとは、 integrated development environmentの略で、複数の一般的な開発ツールを 1つの環境で使えるようにまとめたアプリケーション開発用のソフトウェアのことを指します。

Xcodeは、Apple製品のアプリ開発専用IDEです。Apple製品には、Mac、iPhone、iPad、Apple Watch、AppleTVなどがあります。

XcodeはMacOSのみに対応しています。Windowsなどの他のOSでは利用することができません。

Xcodeの4つの特徴

  1. Apple製品のアプリ開発に最適
  2. Swiftとの相性が抜群
  3. デザインツール機能
  4. アプリの動作確認

Xcodeのポイントは以上の4つです。それでは1つずつ解説していきます。

Apple製品のアプリ開発に最適

Xcodeでは、Mac、iPhone、iPad、Apple WatchなどのApple製品のアプリを開発することができます。

Apple製品のアプリは、Xcode以外のIDEでも開発することができます。しかし、Apple製品のアプリ開発に適しているのは間違いなくXcodeであるといえます。

なぜなら、XcodeはApple製品の開発専用のIDEなので、アプリの開発から公開までの流れをXcode上で完結することができるからです。

また、公開に関してもXcodeを介してアプリの公開申請をする必要があるので、Xcodeが必須になります。

Swiftとの相性が抜群

Xcodeでは、他にも多くのプログラミングを利用することができますが、最も相性が良いのが「Swift」です。

Swiftは、Apple製品のアプリ開発のためにAppleが開発したプログラミング言語です。

Apple製品のアプリ開発をするエンジニアは、OSをMac、IDEをXcode、言語をSwiftを用いて開発するのが一般的です。

Swiftが開発されるまでは、Objective-Cを用いてApple製品のアプリ開発を行なっていました。しかし、構文が難しく利便性が低いという問題がありました。

そこで登場したのが「Swift」です!

Swiftは構文がわかりやすく、初心者でも習得しやすいモダンな言語です。そして、AppleがApple製品のアプリ開発向けに開発したものなので、Xcodeとの相性が抜群です。

そのため、多くのエンジニアは「Swift」を利用しています。

デザインツール機能

Xcodeにはドラック&ドロップで簡単にアプリを直感的にデザインすることができるツールがあります。

例えば、文字をデザインツール上に配置すると直ぐにプログラムと紐付けがされます。その紐付けられたプログラムにコードを書いていくことで機能を追加していくことが可能です。

Xcodeにはデザインツールがあるので、デザインのコードを書かずともアプリを構築することができるので、とても直感的にアプリを開発することができます。

アプリの動作確認

Xcodeで開発中のアプリの動作を確認する方法は2種類あります。

  1. iOSシュミレーターを使って確認する
  2. 実機で確認する

iOSシュミレーターの場合は、Mac上に確認したいデバイスが画面上に表示されるのでそこから動作の確認ができます。実機の場合は、お手持ちのデバイス上で実際に動作を確認することが可能です。

自分の開発したアプリを自分のデバイスで使えるのは本当に感動的です…

実際に友達や家族に使ってみて感想をもらったりすることもできるのでとても便利です。

まとめ

今回はApple製品のアプリ開発に使うXcodeを徹底解説しました。

Xcodeを利用して快適なアプリ開発ライフを一緒に過ごしていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

エンジニア就活対策