WORK

【エンジニア就職】就活エージェントのメリットとデメリットを解説

こんにちは、アプリ開発者のテルです!

「就活エージェントのメリットとデメリットは?」とお悩みではないでしょうか。

テル

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

本記事を読むメリット
  1. 就活エージェントのメリットとデメリットがわかる
  2. エンジニア志望の人は、利用するかどうかの判断材料になる

就活エージェントのメリットとデメリット

就活エージェントとは

未経験からITエンジニアとして働いていく方は、いずれかを選択することになります。

  1. 就活する
  2. 転職する
  3. フリーランスになる

どの選択をしても、職に就くために不可欠なのがエージェントの存在です。

エージェントとは求職者の相談を受けながら、求人を紹介したり、内定承諾まであらゆる面でサポートしてくれる企業のことを指します。

就活エージェントは、就活生を対象としたエージェントのことを指します。他にも転職エージェントやフリーランスエージェントなどがあります。

では早速「就活エージェントのメリットとデメリット」を解説していきます!

就活エージェントのメリット

  1. 無料で就活支援をしてくれる
  2. 企業の情報を共有してくれる
  3. 応募書類を添削してくれる

無料で就活支援をしてくれる

求人の紹介、企業へのアピール、面接対策、日程調整などの充実した就活支援を無料でしてくれるのが「就活エージェント」です。

このような就活支援を無料でしてくれるので、右も左も分からない就活生にとっては非常に頼りになる、且つ、助かる存在になることは間違い無いでしょう。

就活エージェントは、就活生の支援だけでなく、企業の採用業務の負担を軽減する役割も担っています。企業と就活生が契約を結んだ場合に、成功報酬をもらえます。

そのため就活生は、就活エージェントを無料で使用することができるのです。

企業の情報を共有してくれる

一般的な就活サイトでは、企業の表面的な情報しか得ることができません。

しかし、就活エージェントならば、キャリアアドバイザーが企業と直接やり取りしているため、企業の内情を知っています。

そのような内部的な情報を共有してくれるのも就活エージェントの魅力の1つです。

応募書類を添削してくれる

就活では、履歴書や職務経歴書などの応募書類の質が非常に重要になってきます。

採用フローの最初に位置しているのが書類面接です。これを突破できなければ次の面接に進むことさえできません。

就活エージェントでは、プロのキャリアアドバイザーが応募書類を添削してくれるため「何を書けば良いかわからない」という悩みを解決してくれること間違いなしです。

就活エージェントのデメリット

  1. 応募できる求人が限られる
  2. 相性の合わない人もいる
  3. 連絡が頻繁に来ることがある

応募できる求人が限られる

就活エージェントを通した場合、企業が求める条件に満たしていないと応募することが出来ないことがあります。

しかし、企業が求める条件を満たしてなくても、自分の強みや人間性を伝えることで思わぬところから内定をもらえるといったケースもあるようです。

そのため、エージェントには自分の魅力を最大限伝えることが大切です。

相性の合わない人もいる

キャリアアドバイザーも人なので、合う合わないが存在します。

話が食い違ったり、自分の希望とは合わない求人を紹介してくる人もいます。担当者の態度が気に食わないこともあるでしょう。

エージェントを変更したい場合には、利用しているエージェントはやめて、他のエージェントに登録するようにしましょう。

そのエージェントは引き続き利用したくて、担当者が合わないと感じた場合には、担当者変更の依頼をしましょう。

伝えにくい場合は、お問合せフォーム相談窓口で伝えることをおすすめします。

連絡が頻繁に来ることがある

エージェント側が保有している求人は多くあります。そのなかで就活生の希望にマッチした情報は常に発信しているので、メールや電話が頻繁に来ることがあります。

しつこく連絡が来ると、対応がめんどくさくなることもあるでしょう。そのため、常に自分に合っているを確認しながら利用することをおすすめします。

まとめ

今回は「就活エージェントのメリットとデメリット」を解説しました。

エンジニアは、就活エージェントを使うことでスキルが証明しやすくなり、選べる企業の幅がググッと広がるので非常におすすめです。

下記の記事にて、ITエンジニアにおすすめの就活エージェントをご紹介しています。

よろしければご参考にどうぞ。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

Flutter関連の書籍を出版しました!