React

【React入門】Todoリストの作り方|サンプルを用いて解説!

こんにちは、アプリ開発者のテルです!

「ReactでTodoリストを作ってみたい」とお悩みではないでしょうか?

テル

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

本記事を読むメリット
  1. Todoリストの作り方をサンプルで理解できる
  2. コードを公開しているので、自分の環境で確かめることができる

Reactを用いたTodoリストの作り方【サンプル】

事前準備

パッケージをインストール

今回使用するパッケージは以下の通りです。

 "dependencies": {
    "react": "18.0.0",
    "react-dom": "18.0.0",
    "react-scripts": "4.0.0",
    "uuid": "8.3.2"
 }

プロジェクト構成

今回実装するアプリの「リポジトリ構成」と「完成イメージ」は以下の通りです。

リポジトリ構成

完成イメージ

今回実装するTodoアプリは、上記の通りです。フォームから新しいタスクを入力し、ボタンをクリックすることで、Todoを追加・削除をすることができます。

では早速、こちらのアプリを作っていきましょう!

ソースコード

Index.js

import { StrictMode } from "react";
import { createRoot } from "react-dom/client";

import App from "./App";

const rootElement = document.getElementById("root");
const root = createRoot(rootElement);

root.render(
  <StrictMode>
    <App />
  </StrictMode>
);

App.js

import React from "react";
import { Todo } from "./commponents/Todo";

const App = () => {
  return (
    <div>
      <Todo />
    </div>
  );
};

export default App;

components/Todo.jsx

import React from "react";
import { useState } from "react";
import { v4 as uuidv4 } from "uuid";

export const Input = ({ createTodo }) => {
  // inputに入力された値のstateを管理
  const [value, setValue] = useState("");

  const addTodo = () => {
    // 未入力の場合、alertを表示させる
    if (value === "") {
      alert("Todoが入力されていません。");
      return;
    }
    // 新しいtodoオブジェクトを生成
    const newTodo = {
      id: uuidv4(),
      content: value
    };
    // createTodoの引数にnewTodoを渡す
    createTodo(newTodo);
    // inputの中身を空にする
    setValue("");
  };

  return (
    <div>
      <input
        type="text"
        placeholder="入力してね"
        value={value}
        // 入力された値をvalueに反映する
        onChange={(e) => setValue(e.target.value)}
      />
      <button onClick={addTodo}>+</button>
    </div>
  );
};

components/List.jsx

import React from "react";

export const List = ({ todos, deleteTodo }) => {
  return (
    <div>
      {/**受け取ったtodosをmapで回してtodoを取得する */}
      {todos.map((todo) => {
        return (
          <div key={todo.id}>
            <span>{todo.content} </span>
            {/**押したボタンのIDをdeleteTodoの引数に渡す */}
            <button onClick={() => deleteTodo(todo.id)}>-</button>
          </div>
        );
      })}
    </div>
  );
};

components/Item.jsx

import React from "react";

export const Item = ({ todo, deleteTodo }) => {
  return (
    <div>
      <div key={todo.id}>
        <span>{todo.content} </span>
        {/**押したボタンのIDをdeleteTodoの引数に渡す */}
        <button onClick={() => deleteTodo(todo.id)}>-</button>
      </div>
    </div>
  );
};

components/Input.jsx

import React from "react";
import { useState } from "react";
import { v4 as uuidv4 } from "uuid";

export const Input = ({ createTodo }) => {
  // inputに入力された値のstateを管理
  const [value, setValue] = useState("");

  const addTodo = () => {
    // 未入力の場合、alertを表示させる
    if (value === "") {
      alert("Todoが入力されていません。");
      return;
    }
    // 新しいtodoオブジェクトを生成
    const newTodo = {
      id: uuidv4(),
      content: value
    };
    // createTodoの引数にnewTodoを渡す
    createTodo(newTodo);
    // inputの中身を空にする
    setValue("");
  };

  return (
    <div>
      <input
        type="text"
        placeholder="入力してね"
        value={value}
        // 入力された値をvalueに反映する
        onChange={(e) => setValue(e.target.value)}
      />
      <button onClick={addTodo}>+</button>
    </div>
  );
};

大変お疲れ様でした!以上でアプリは完成です!

⬇︎Todoリストを作成することでわかること

  1. コンポーネント分割の方法
  2. コンポーネント間でのstateの受け渡し方
  3. イベントリスナーの使い方
  4. map/filterメソッドの使い方

Todoリストの作成は、React開発の基礎の部分を押さえられるので初心者の方には非常におすすめです。上記のコードを参考に、ぜひ色々と試してみてください!

まとめ

今回は「Reactを用いたTodoリストの作り方」を解説しました。

今回解説したTodoリストは、Reactの基礎を押さえられる内容となっています。分からないところがあれば、ドキュメントを確認してしっかりと押さえておきましょう。

本記事が参考になっていれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

エンジニア就活対策