JavaScript

【コピペOK!】JavaScriptでのBMI計算機の作り方

こんにちは、アプリ開発者のテルです!

本記事では、JavaScriptでのBMI計算機の作り方をご紹介します。

テル

本記事ではそんな悩みを解決していきます!

本記事を読むメリット
  1. BMI計算機の作り方がわかる
  2. コピペで簡単に作れる

JavaScriptでのBMI計算機の作り方

実行結果

See the Pen Untitled by terupro (@terupro) on CodePen.

プログラムの解説

こちらが今回紹介するBMI計算機の実行結果です。

【測定方法】

①身長を入力→②体重を入力→③「計算する」をクリック

※BMIの値が18未満ならば「痩せ型」,18以上25未満ならば「標準型」,25以上ならば「肥満型」と表⽰されます。

ソースコード

HTMLの記述

<div>身長 <input type="number" id="shincho">cm</div> //ボックスに”sincho”というidをつけた
<div>体重<input type="number" id="taijuu">kg</div> //ボックスに"taijyuu"というidをつけた
<div><button type="button" onclick="keisan()">計算する</button></div> //クリックしたら"keisan"という関数を実行する
<div>あなたのBMIは<span id="kuuran">○○</span>です</div> //JavaScriptの実行結果を〇〇に表示させる

JavaScriptの記述

function keisan(){ //keisanという関数を実行
  var a, b,d;
  a = document.getElementById("shincho").value; // "sincho"で記入した値をaに代入
  b	= document.getElementById("taijuu").value; // "taijyuu"で記入した体重をbに代入
  c = b/( (a/100)*(a/100) ); //BMIの計算結果をcに代入

 if(c >= 25){ //cが25以上の場合〇〇に”肥満型”と表示される”
   document.getElementById("kuuran").textContent = "肥満型"; }
  else if(c < 25 && c >= 18){ //cが18〜25の場合〇〇に”標準型”と表示される
   document.getElementById("kuuran").textContent = "標準型"; }
  else{ //それ以外は〇〇に”痩せ型”と表示される
   document.getElementById("kuuran").textContent = "瘦せ型";}
 }

コードの解説は一つ一つのコードの隣に記してあるので、参考にしてみてください。

まとめ

今回は「JavaScriptでのBMI計算機の作り方」をご紹介しました。

紹介したプログラムをHTMLやCSSなどで装飾をして自分なりの「BMI計算サイト」なんかを作っても面白いかもしれませんね!

コピペOKですのでご自由にお使いください!

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

Flutter関連の書籍を出版しました!